肝機能障害由来の汗

肝臓の機能が衰えが主原因

解毒機能が働いていない状態の時に見られる症状。汗に関しては下記の現象が見られます。

緑色の汗が出るケースもある。
原因は緑膿菌。肝機能障害の時はこの菌の対応がなされないため緑色の汗が出ます。

汗がおしっこ臭い場合。
アンモニアが処理されず体中に回り体臭がきつくなります。

対処法-

病院へ行き適切な処置を受け服用薬などももらうこと。AHCは外用品のためどのような治療薬を服用している方にもご使用いただけます。病気はすぐには治りませんが、AHCは汗腺を引き締め汗そのものをシャットアウト。汗が原因の臭いもなくなります。

 

Ⅲヨハネ2:皆様がすべての点で幸いを得、健康であるように祈っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です