AHCの使用について

AHCは脇以外にどこに使えますか

脇はもちろん、顔、不便な手の汗、不快なにおいの原因となる足の汗、胸、背中、ほかどこにでも使えます。

AHCはどれぐらいの頻度で使えばいいですか

初めて使うときは数日継続して使ってください。

汗が止まったら、次に汗を感じるまで使う必要はありません。

個人差はありますが通常1週間程度効果が持続します。

AHC使用後の入浴や洗顔

AHCは夜入浴後に使用してください。

次の日の朝は通常の入浴や洗顔ができます。

AHC使用後の着衣

AHCを塗り乾いてから服を着てください。

AHCは速乾性です。乾くまでほんの少しお待ちください。

AHCで多汗症は完治するのか

AHCは制汗剤です。症状を治癒するものではありませんが、使用中は汗を抑えることができます。

AHCは一般的なデオドランド製品と比較し
制汗効果に優れている
脱脂綿で塗るため部位を限定せず使用
が可能です。

通常の制汗剤は
手足や顔など汗の多い部分には対応しきれず制汗力に不満、
脇専用形状の容器に入っている場合が多く他箇所に使えない不便、
などがあります。

AHCはこれらの不満点を解消した製品です。

AHCと一般的なデオドラントの比較はこちら

子供に使用したい

13歳以下のお子様には使用を控えてください。

13歳までは体内ホルモンバランスが活発であり発汗もそのうちのひとつであるためです。

汗とにおいに悩んでいる

汗については AHCシリーズ で制汗、においについては Bromex Foamer で抑制してください。

においの種類によってはAHCで汗を止め解消する場合があります。

加齢臭やワキガなど汗に関連しないにおいはBromexで抑制してください。Bromexには制汗作用はありません。

AHCと健康

汗腺を閉じて健康に影響はないのか

汗腺を完全に閉じるのではなく、開きを制限して制汗します。

一度に広範囲で使用しない限り、AHCを使っていない箇所から汗が出て体温調整ができます。一部の汗を抑えるという使用方法であれば健康に影響はありません。

また、脇に多量に出る汗、手足から出る汗、これらは体温調節には関係のない汗です。これらより発汗を制限するのは問題ありません。

炎症ほか反応はあるか

AHCはドイツの皮膚科学研究所によりアレルギー反応パッチテスト済みの安全な製品です。詳細はこちら

しかし最終的には個人の肌質等よります。まずは無料サンプルを使用ください。小さい範囲にてAHCの効果を試すと同時に、肌とのなじみがよいかも確認してください。

AHCはスイスハーブエキスを使用しており、ハーブエキスは人によってかゆみ、ほてり、乾きなどの反応が起きる場合があります。

AHCが完全に乾いた後に手元にあるクリームやローションなどを塗るとかゆみが緩和します。

AHCは質の高い塩化アルミニウムを採用しており、高品質でお肌に優しい製品です。

通常は数回使用後肌が慣れて何も感じなくなります。しかし使うたびに症状が酷くなるようなら使用を控えてください。

 

脇への使用

AHC使用のための事前準備

夜の入浴後に使用、コットンパッドにて患部へ適用してください。

脇毛ほか体毛処理について

脇ほかの体毛処理は
はさみで切る - 当日AHCを使用できます
かみそりで剃る - 1-2日後にAHCを使用してください

AHCを肌表面にしっかりと塗ります。

毛に塗っては効果がありません。

脇ににおいのきつい汗をかく

脇には AHC Sensitive を使用してください。汗を抑制しにおいもなくなります。

手足への使用

手の汗、足のにおいを止めたい

手および足専用の AHC Forte を使用してください。
手は脇や顔に比べて皮膚が厚いため強力型であるForteを用意しております。

汗の量によっては AHC Sensitive で十分な場合があります。

Sensitive/Forte どちらを使うかの判断基準

まずは無料サンプルを手に使用(右/半袋+左/半袋=1袋にて)してください。

無料サンプルで汗が止まったのなら全身用Sensitiveで十分に対応できる汗の量です。

半分ぐらい止まった感があるのなら、AHCは有効だが専用材Forteが必要とわかります。

また、手足は脇よりも効果が実感できるまでに時間がかかる場合があります。まずは4-5日続けて使用してください。多くの方は数日で効果が出ますが、人によっては1-3週間かかる場合があります。

 

顔や額への使用

AHC使用後の肌の手入れ

まずAHCを使用します。コットンに3滴とって顔全体/額に塗ります。30分待ってからお手入れをしてください。

翌朝の入浴や洗顔

通常の入浴や洗顔を行ってください。制汗力に影響はありません。

顔への使用の注意点

3滴をコットンパフにとって使ってください。

顔は肌が薄く敏感なのでつけすぎないようご注意ください。

コットンパフは以下の理由で使用を推奨しています。
-薄く均等にしっかりつける
-目鼻口への混入を防ぐ

妊娠中/産後の使用

妊娠中、授乳中の使用

該当期間での使用は担当医師に確認してください。

購入に関して

配送料、到着までの日数

送料は全世界一律10米ドル(=1,000円程度)、トラッキング付郵便にて確実に到着する管理をしています。

入金確認後即日発送しています。

発送は基本的にはタイ/バンコクより。在庫都合でスイスからの発送になる場合もあります。

到着までの日数目安
東南アジア:1週間程度
南アジア/東アジア:10日-2週間程度
北米:10-2週間程度
中東/アフリカ/南米:2週間程度またはそれ以上

配達日指定

指定はできません。配送時に不在の場合は不在票が入ります。その不在票から各自郵便局へお問い合わせください。

Eメールの不着

まれにAHCからのEメール不着が起こります。

まずは迷惑メールフォルダなどをご確認ください。AHCからのメールについて受信許可設定をお願いします。

また、発信したあて先の間違いなどの可能性もあります。

24時間たってもこちらより返答がない場合、お手数ですが問い合わせフォーム/Facebook/LINE等にてお声がけください。

 

メール以外での注文

Facebook Messenger、LINE、Whatsappなどでご連絡ください。こちらよりPaypalでの支払いURLを送付します。入金が確認された後24時間以内に出荷します。

そのほかよくある質問

30mlはどれぐらいもつのか

使用部位や部位数、個人の汗の量、ご家族での共用有無などで変わってきます。

両脇のみ、週に1度の使用で十分な汗の量、自分ひとりで使う、というケースであれば1本で半年以上使える場合がほとんどです。

商品の使用期限、保存法

開封後12ヶ月程度、未開封で3年です。

直射日光や湿気の多い場所を避けて保管してください。

ロールオンやスプレーはないのか

ロールオンは塗りすぎになります。また、接触面での雑菌繁殖が回避できない、複数人での共用ができない、などの理由でロールオンはありません。

スプレーは噴霧損失が多い形態となるためスプレーはありません。

AHCは高品質原材料を採用しています。コットンに適量をとり患部にはたきこむように使うと高い効果が得られます。